HAHAMAMA/ 捨てずに染める《さつまいも》

HAHAMAMA

捨てずに染める

《さつまいも》

20191028_112159

ママファームで育てたさつまいもの葉です。

とっても元気な青で素敵。

20191028_123201

このつると葉が染料になるというのでつる返しという作業とともに収穫。
20191028_123712つると葉は大量にとれました!20191028_133233しかし、芋はこんな感じ。。

小さくて確実に育っておりません。

《つるぼけ》

という状態なのだということです。

つまりつるがたくさん育ちすぎてさつまいもはそだたないということ。地上の葉とつるがたくさん育つけど、地中のさつまいもはそだたなかったということ。原因は栄養のバランスとかいいますがこの《バランス》が全くつかめません。『何にもしない土で育つよ』といいますが掘りたてのおいしい芋をもらっときの土は私からみると栄養たっぷりな肥えた土に見えるのです。正直『さつまいもむずかしいな』とおもっております。

ですが先程のつると葉。

染料としてグツグツ煮出しウール100%の毛糸を鉄媒染で染めるとこんなに素敵な色に染まりました。
20191109_123001右は染める前のウール100%の色です。
20191112_093315

煮出す時間や媒染の時間を変えこんな風なグラデーションにそめることができました。20191118_130734

とても素敵なやわらかく暖かみのあるグレーです。奥にさつまいもっぽいベージュがあるのがとても素敵だと思っています。

三角ローブに仕上げurayasu markets さんにて販売させていただいております。みなさまぜひお手にとってご覧になってみてください。私は10年以上つかっております。もちろん古くなっていきますが愛着がわいてゆくのも手編みのよさとおもっております。

 

 

20191030_132252 20191030_132220もったいながりの私にとって捨てずに染めるということはとてもうれしいことです。捨てていたものがまたあたらしいものに変化しよろこんでいただけるということはとてもすばらしいこと。

玉ねぎの皮や、料理したときにむいた野菜の皮。剪定した木の枝、育てた野菜の茎や葉から出てくる色をとっておけたらすてきだなとおもっています。

染めたムラさえも素敵に思えます。

ぜひお手にとってご覧になってみてください。

クリスマスプレゼントにもすてきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です